メインイメージ

相続税の遺留分

相続税の遺留分について

遺産相続は基本的には、遺言状等の被相続人の意思を尊重して遺産分割協議を行い、全相続人の合意の元に遺産を分割します。もし遺言状に法定相続人以外の人間に一定の相続をさせたい意思や、生前に贈与を行っていた場合は、相続を受けた者に対し、法定相続人は遺留分を請求する権利は相続税法で保護されています。
その権利によって法定相続人は、法定相続分の半分を受け取る事ができ遺産を相続した者は、法定相続人に遺留分を支払いそれで残った額から、相続税額を算出する事になります。
全ての相続人が法定相続人で有れば、遺留分は発生しませんが遺産分割協議が終わり遺産分割が終わった後に、新たに法定相続人は発見される場合も有りますので、遺産管財人は可能な範囲で遺産分割協議を行う前に分かっている法定相続人以外に法定相続人がいないかどうか、徹底的に探す必要が有ります。
全ての遺産分割が終わった時点で、各相続人の相続税評価額を算定してその評価額を基準に各相続人の相続税額が算出されます。相続税額が算出されたら、速やかに管轄の税務署に相続税の申告と納付を行わなければいけません。
但し例外として生前分与されていて、既に贈与税を支払っている分は相続財産の適用外になります。それ以外の生前分与されて3年以内に相続開始された分や、相続時精算課税の申告が行われている分に関しては相続税の対象となりますので、遺産分割協議の際にそれらの分は、他の分割遺産と合算されて法定相続人で遺留分を請求した者には支払いが行われ、全ての精算や配偶者控除等の控除が行われて算出された評価額から相続税が算出されます。
法定相続人に認められている権利も、権利を施行するにも期限が限られていますので、その期間中で請求を行わなかった場合はその権利を失う事になり、本来受け取る事の出来る相続分も受け取る事が出来なくなってしまいます。
注意しなければいけない点は、音信不通の法定相続人がいる場合は遺産分割協議も時間がかかり、なかなか進まない事が有ります。そして全ての手続きが終わった後に、その音信不通だった相続人が現れ請求してくる事も少なくありません。
しかしその相続人にも法定分は支払う事は無理でも、最低限の支払い分は支払わなくてはいけなくなりますので、またそこから税額の算出のし直しがされる場合も有ります。
出来る事ならその様なトラブルは事前に防ぐ為に、相続人は遺産分割協議の時点で全員出席する事が理想とされています。

最近の投稿