メインイメージ

奥行補正率とは?

相続税計算に必要な奥行補正率とは

相続税の金額の計算には路線価が適用されています。路線価とは全国の市街地に面している主要道路の価格の事で、この道路に面した宅地は路線価の価格が基準となっています。道路に面した宅地は角地であれば土地の使い勝手も良く、評価額も高めになる事が多いようですが、道路に対して宅地が1面しか接していない場合は、角地に比べて利用の効率も落ちてしまいます。

その場合は土地の奥行の長さにより更に土地の利用効率は左右されます。相続税計算の際には奥行の長さにより土地の評価額も変わるように「奥行価格補正率表」により路線価の価格を補正する事になっています。奥行の距離が極端に短い方場合と、極端に長い場合においては、表の奥行補正率の数字が小さくなっている為に、補正後の路線価は元の路線価に比べて、より少なくなります。これは全て土地の利用しやすさを重要視した評価となっています。

その計算方法とは、路線価に奥行価格補正率を乗じた数字を新たな単位当たりの評価額とし、その数字に土地の面積を乗じて算出します。算出された金額が新しい相続税の課税価格の基準となります。

奥行補正率は、その土地が所在する地区の区分により差があります。同じ奥行距離であってもビル街地区と商業地区とでは差があります。そしてそれぞれの地区毎に適当とされる奥行距離の場合には奥行補正率は「1.00」となっているので、実質的には奥行補正はされていない事になります。

土地が正方形や長方形でない、不整形地の場合には整形地とは違う算式によりその評価額は減額や加算がされる場合があります。まずは不整形地の奥行距離による奥行補正を行いますが、判断の際には土地の面積を間口の距離で割って、計算上の奥行距離を算出します。そして算出した奥行距離に該当する奥行補正率を路線価に乗じて補正後の新たな路線価を算出します。そして再計算された不整形地の評価額に土地の面積を乗じた金額に、不整形地補正率を乗じて最終的な不整形地の評価額が算出される事となります。

もし、相続する土地が路線価の設定されている道路の他にもう1つ以上の道路に面している時には、奥行補正によって一度減額した土地の評価額は、反対に加算をされるので、奥行補正後の評価額よりも少し評価が高くなります。これは土地の2方向以上が道路に面している事で、反対に利用効率が上がると判断される為です。

相続税算出には、土地の所在する場所による評価だけでなく、土地の形状や道路に面している状況によって細かい補正や加算がされるという事です。

 

最近の投稿